■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■上昇一服?

9/9記事にて
「ダブルボトムの上放れ」
と書いたが、
明確な上放れ、とは言い難い雰囲気に。

ネックライン
(W字の両端の高い価格帯)
にあたるレジスタンスラインにぶつかって、
伸び悩んでいるように見える。

そんな中、
底値近くでつかんだAUDJPYロングに逆指値をかけておいたら、
反落してきたところで約定。

約定履歴AUDJPY20130918

500.5pips GET

もっと伸ばしていきたいところでもあるが、
ひとまずの目標であった500pipsも獲得したので、
あまり欲張らずに利確。


正直、豪ドル円の先行きについては、
全く読めない。

当面の利下げは無さそう、という面はプラスだが、
逆に言うと利上げなどもってのほかというのは確実のようだから、
爆上げする要因は無い。

豪州経済を大きく左右する中国経済については、
いよいよソフトランディングか、という話も聞こえてくるが、
政治面からのきな臭い空気は、
(政治犯・思想犯への強力な締め付け等)
共産党政府が、将来的な経済的後退による民衆の不満の暴発を見据えて、
それを封じ込めるための先手を打っているようにも見える。

政治面と言えばもう一つ、
久々に戦争勃発かと思われたシリア局面も収束へと向かった。
(その経過と内容の善し悪しは置いといて)

相場としては、この展開は織込み済みであったのか、
さほど激しい動きとはならなかった。

このままリスクオン相場が続いてじりじりと上げて行く気配もあるし、
急落とは行かないまでも、
相場のトレンドがUSDやGBPやEURといった通貨へ流れて、
AUDUSDが下がることによって、
AUDJPYも再びベアトレンドへと転換していく展開も考えられる。


そんな中、順調な伸びを見せているのが、ニュージーランドドル。
NZDUSD、
NZDJPY 共に
伸び悩む豪ドルを尻目に、
とんとん拍子で高値を更新し続けている。

最近は、スワップポイントも豪ドルに引けを取らない数値になっており、
高利率通貨ペア好きな日本人トレーダーが、
大きくポジションを取るようになってきていることが、
上昇要因の一つなのかもしれない。

個人的には乗り遅れた感があって、
今更ロングポジションを取る気にはなれないのだが。

関連記事

■コメント

■Re:上昇一服? [ひまママ]

500pips すごいですね。
おめでとうございます^^
底値近くですごい^^

■ひまママさんへ [TEN]

ひまママ様

いつもコメントをありがとうございます<(_ _)>


> 底値近くですごい^^

いえいえ。
全然すごくないのです。

いつぞや記事にも書いたと思うのですが、
私の豪ドルポジションは、
高値は100円台オーバーから、
下は70円台あたりまで、
1円幅や2円幅で、
何も考えずにロング指値注文を並べている結果なのです。

その結果、偶然拾えた底値近くのポジションを、
決済せずに粘っていただけのことで。

ただ、この
"粘る"
のがなかなかに辛かったです…
^^;
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。