■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■AUDJPYとAUDUSD

今までほとんど書いてこなかったが、
私のFX取引のメインは、
AUDJPY
だ。

その理由は何と言っても高いスワップポイント。
損切しないロング主流の私にとって、ロング塩漬け時のスワポ程うれしいものはない。

そのAUDJPYに加えて、同様にスワポの高いAUDUSDも、様子見程度にロングしていたのだが、
これら2通貨ペアの、このところのチャートを見ていて、
何とも言えない"嫌な感じ"を覚え、
指値や逆指値でいくつかのポジションを利確で手仕舞いした。
ロングした時の心算では、最低でも300~500pipsの大きめの利確をするつもりだったのだが…。

20130728audjpy-1.jpg

20130728audjpy-2.jpg

20130728audusd.jpg

このポジション整理では、
199.6pips + 199.9pips + 49.9pips + 10pips + 30pips = 489.4pips GET

私の見ているいくつかのFXブログの中のお一人も書かれていたが、
AUDJPYは(AUDUSDも)、反転上昇に転じる時、
一度ドカーンと下がって、直後にぐーんと伸び上がるように一気にブルトレンドになる傾向が強いのだが、
ここのところの典型的なレンジ相場っぷりを見ていると、もう一段階の下げが来てもおかしくない気配を感じた。

実は、もう"一"段階程度の下げであれば、80~90円帯に敷いてある指値ロングが刺さって、むしろうれしいのだが、
もしそれが一段階レベルで止まらず、
70円台や60円台までといった、雪崩を打つような大暴落に繋がっていくケースも想定しての、
ロングポジション整理だ。

テレビ東京のWBSで、あるコメンテーターが、『中国経済の破綻が2015年頃』と言っていたが、
個人的には、何かの拍子に顕在化が早まって、チャイナショックがいつ来てもおかしくないという気分でいる。
その未曾有のチャンスを逃さないためにも、明らかな歴史的高値圏である現状で保有したロングポジションは、
あまり欲をかかずに利確しておこうという思いもある。

とはいえ、このままAUDJPYやAUDUSDが、ゆっくりとブルトレンドに転じていく可能性もある。
そうなったらそうなったで、今は大量の含み損を抱えながらスワポを稼いでいる、
もっと高値のAUDJPY・AUDUSDのロングポジション達を、少しずつ利確整理していく心算だ。

AUDの明日は…
はてさて。

関連記事

■コメント

■Re:AUDJPYとAUDUSD [ひまママ]

私も、AUD/JPY ロング持ってます^^;;
耐えながら、ちょっとずつ整理してます^^

■ひまママさんへ [TEN]

> 私も、AUD/JPY ロング持ってます^^;;
> 耐えながら、ちょっとずつ整理してます^^

お。同士ですね^w^

ドル円基調は円安かな、とは思うものの、
豪ドル米ドルの動きが不気味なのですよね。。。

その合成の動きとなる豪ドル円は結構暴れるかな、
という予想というか、期待というか。

上げ戻しにしろ、暴落にしろ、どっちにいっても平静を失わないようにしたいものです。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。