■2013年07月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■AUDJPYとAUDUSD

今までほとんど書いてこなかったが、
私のFX取引のメインは、
AUDJPY
だ。

その理由は何と言っても高いスワップポイント。
損切しないロング主流の私にとって、ロング塩漬け時のスワポ程うれしいものはない。

そのAUDJPYに加えて、同様にスワポの高いAUDUSDも、様子見程度にロングしていたのだが、
これら2通貨ペアの、このところのチャートを見ていて、
何とも言えない"嫌な感じ"を覚え、
指値や逆指値でいくつかのポジションを利確で手仕舞いした。
ロングした時の心算では、最低でも300~500pipsの大きめの利確をするつもりだったのだが…。

20130728audjpy-1.jpg

20130728audjpy-2.jpg

20130728audusd.jpg

このポジション整理では、
199.6pips + 199.9pips + 49.9pips + 10pips + 30pips = 489.4pips GET

私の見ているいくつかのFXブログの中のお一人も書かれていたが、
AUDJPYは(AUDUSDも)、反転上昇に転じる時、
一度ドカーンと下がって、直後にぐーんと伸び上がるように一気にブルトレンドになる傾向が強いのだが、
ここのところの典型的なレンジ相場っぷりを見ていると、もう一段階の下げが来てもおかしくない気配を感じた。

実は、もう"一"段階程度の下げであれば、80~90円帯に敷いてある指値ロングが刺さって、むしろうれしいのだが、
もしそれが一段階レベルで止まらず、
70円台や60円台までといった、雪崩を打つような大暴落に繋がっていくケースも想定しての、
ロングポジション整理だ。

テレビ東京のWBSで、あるコメンテーターが、『中国経済の破綻が2015年頃』と言っていたが、
個人的には、何かの拍子に顕在化が早まって、チャイナショックがいつ来てもおかしくないという気分でいる。
その未曾有のチャンスを逃さないためにも、明らかな歴史的高値圏である現状で保有したロングポジションは、
あまり欲をかかずに利確しておこうという思いもある。

とはいえ、このままAUDJPYやAUDUSDが、ゆっくりとブルトレンドに転じていく可能性もある。
そうなったらそうなったで、今は大量の含み損を抱えながらスワポを稼いでいる、
もっと高値のAUDJPY・AUDUSDのロングポジション達を、少しずつ利確整理していく心算だ。

AUDの明日は…
はてさて。

スポンサーサイト

■USDCHFをスイングトレード:2013年7月

前回の投稿より約1カ月。
トレンドの出た通貨でスイングトレードを何回か行った。
もっとも成功したのはUSDCHFだ。

USDCHFは5/22に0.9838を付けてから、
しばらく振れ幅の大きめのレンジ相場の後に下降トレンドに転じ、
6/13に0.9129を付けた。

私は最近、スイングトレード時にはGMMAチャートを参照している。
(チャートプログラムには、Alpari社のMetatraderを使用)

そのGMMAチャートの【USDCHF4時間足】を見ると、
6/21にピンクの長期EMAグループを、ロウソク足とブルーの短期EMAグループが
ハッキリと上抜けして後、一度、下落調整してから、再び上昇して6/21高値を突き抜けるのを見て、
6/25深夜に複数ポジションでロングエントリー。

20130723usdchf-2.jpg

一部のポジションは 直近高値0.9838~直近安値0.9129 間の半値戻しに近い0.945で利確した。
その後、何度か上下動しながらもぐんぐん伸びて行ったので、
高値を更新する度にその高値マイナス100pipsのところに逆指値を置いておいたところ、
7/11に0.9650が刺さって決済。

その後、下降トレンドへと転じてたので、偶然とはいえ、
ほぼ天井に近い値で決済できたことになり、ちょっと気分が良かった。

と、言うよりもホッとしたと言う方が近いかもしれない。
変な話だが、私は損切をほとんどしないトレードスタイルなので、
含み損ポジションを持っていることには慣れているので、結構平然としていられる。

ところが、いざ利が乗って来ると、早く利確したくてたまらなくなり、
一旦、トレンドが出て増大した含み益が、
トレンド転換によって減っていくのを見ることが非常に辛いのだw

利確決済は普段、指値か成行で行うことが多く、逆指値は珍しいのだが、
これからは時々は逆指値も織り交ぜて行こうと思った。

20130723usdchf.jpg

今回のトレードでは、
262pips + 62pips = 324pips GET
USDCHFという、個人的にはあまり馴染みの無い通貨で行ったトレードの割には大成功。

こういったトレンドに逆らわないトレードを今後も行っていきたいが、
どうしても希望的観測込みで見てしまう自分がいて、なかなかに難しい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。